【完全版】プロ野球の全試合の中継を見る方法をまるっと紹介!

プロ野球を中継を全試合見たい人
プロ野球を中継を全試合見たい人
  • プロ野球の全試合の中継を見る方法ってどのくらいあるのかな?
  • プロ野球の全試合中継をみたいだけど、どのサービスがおすすめなのかな?
  • スマホやネットを使えばプロ野球中継は全試合見れるのかな?

とプロ野球を全試合の中継を見る方法を条件別などに分けてまるっと紹介をしています。

私自身、プロ野球の中継は仕事で見れない日以外はテレビやスマホを使ってがっつりみています。

その経験を元に紹介をするとプロ野球中継を全試合見る方法は3つあります。

「スカパー!プロ野球セット」も「J:COM(ジェイコム)」どちらもプロ野球を全試合見ることができますが、それぞれ違った特徴があります。

その特徴を紹介してどっちのサービスに契約をした方が良いのか?解説をしていきます。

プロ野球を全試合の中継を見る方法はこの3つ

結論から言いますとプロ野球を全試合見る方法は

  • スカパー!のプロ野球セット
  • J:COM
  • DAZN+他のサービスの併用

この3つになります。それぞれのサービスを紹介していきます!

【プロ野球セット】でプロ野球の全試合の中継を見る

プロ野球セットはスカパー!が提供をしてくれているサービスです。

契約をすると見れるチャンネルと球団名
J SPORTS1 広島カープ・中日ドラゴンズ
J SPORTS2 楽天イーグルス
J SPORTS3 オリックス・バファローズ
スカイA 阪神タイガース
日テレG+ ジャイアンツ
日テレNEWS24 千葉ロッテマリーンズ
GAORAスポーツ 日本ハムファイターズ
FOXスポーツ ソフトバンク
フジテレビONE ヤクルトスワローズ
フジテレビTWO 西武ライオンズ
TBSチャンネル2 横浜DeNAベイスターズ
テレ朝ch2 いろいろな球団の試合を放送

チャンネルがこのように振り分けられていてプロ野球セットに契約をすれば、シーズン中全球団の全試合のプレイボールからヒーローインタビューまで見ることができます。

スカパー!プロ野球セットはこのあと、解説をしますが申し込みから30分程度ですぐに視聴できます。

\テレビやアンテナがすでに設置済みの人/
「プロ野球セット」公式ページ

【J:COM(ジェイコム)】でプロ野球の全試合の中継を見る

国内最大規模のケーブルテレビ事業会社・番組供給会社が「J:COM(ジェイコム)」です。

地上波アンテナやパラボラアンテナの購入する必要がなくプロ野球セットと同じチャンネルを見ることができます。

J:COMはアンテナが不必要なので暴風雨の環境でも安定してプロ野球が見ることができます。

\引っ越しやTVアンテナ設置がまだの方
「J:COM(ジェイコム)」公式ページ

【DAZNと他のサービス】合わせてプロ野球を全試合中継を見る

DAZNはプロ野球の10球団の全ての主催試合をネット配信で行ってくれます。

テレビでみるときに別の機器が必要になります。

  • 広島カープ
  • 東京ヤクルトスワローズ

この2球団の主催試合は中継をしてくれないのでテレビやネットで見るには「Jスポーツ」「フジテレビONE」に契約をする必要があります。

この2球団のビジター試合の場合は見ることができます。

プロ野球を全試合見る方法は【プロ野球セット】と【ジェイコム】どっちがおすすめ?

↑の方でざっくりと3つのサービスを紹介しましたが、私が契約をしてみてプロ野球を全試合見る方法は

  • スカパー!のプロ野球セット
  • J:COM(ジェイコム)

この2つがおすすめです。それぞれメリットとデメリットを紹介をしていきます!

プロ野球セットでプロ野球中継を全試合見るメリット

 

まずはプロ野球セットから紹介をしていきます。

  • アプリ版がバージョンアップされてスマホやタブレットで見れるようになった
  • 視聴環境のハードルが低い
  • 応援している球団の全試合が見れる
  • オフシーズンは解約ができて自動再契約される

この4つが大きなメリットになります。それぞれ解説をしていきます!

プロ野球セットのメリット1【アプリを使って見れる】

プロ野球セットに契約をすると専用のアプリを使ってスマホやタブレットでプロ野球の全試合を見ることができます。

アプリ自体も無料で利用することができるのでプロ野球セットに加入をしたなら絶対にダウンロードしてほしいです。

プロ野球セットのメリット2【視聴環境のハードルが低い】

  • 110度CS対応のデジタルテレビまたはレコーダー
  • CS対応のBSアンテナor光回線を使ったテレビサービス

この2つの機器があればスカパー!に加入をできます。

アンテナが設置できていないご家庭の場合はスカパー!で設置工事を行ってくれます!

  1. リモコンのCSボタンを押す
  2. 番組表ボタンで番組表画面に切り替える
  3. 十字ボタンでCS161QVC(キューヴィーシー)チャンネルを戦局
  4. CS161が映るか確認

この4ステップで置いてあるTVでスカパーが映るか確認をすることができます。

 

110度CS対応のデジタルテレビ一覧
スカパー!対応レコーダー一覧

プロ野球セットのメリット3【応援している球団の全試合が見れる】

 

スカパー!プロ野球セットでは自分が応援をしている球団の公式戦・オープン戦・交流戦のすべての試合をプレイボールからヒーローインタビューまで完全生中継をしてくれます。

広島カープのホームゲームでは地元放送局が優先されてしまうためヒーローインタビューは時間を置いて放送されます。

球団独自の配信コンテンツでは主催試合のみが多いですがスカパー!プロ野球セットに加入をするとビジターゲームも見れるのでシーズン中はトコトン好きな球団の試合を楽しめます!

プロ野球セットのメリット4【オフシーズンは解約できる】

プロ野球を中継を見たい人
プロ野球を中継を見たい人
でもシーズンがやっていない間はプロ野球を見ないから解約したいな…

という方でもプロ野球セットはシーズンオフは解約をすることが出来てきてシーズンが開幕する直前に自動で再契約されるシステムとなっています。

解約時に自動再契約するか選択もできます
プロ野球セットのメリット
  • スマホやタブレットで試合が見れる
  • テレビやレコーダーがあればすぐ視聴ができる
  • 応援している球団の全試合が見れる
  • オフシーズンは解約ができて自動再契約される
プロ野球セットのデメリット
  • アプリで試合をみる場合はバックグラウンド再生ができない
  • 契約チャンネルが多いためを変えるのがめんどう…
  • 料金が高い

といったデメリットもありますが、好きな球団の全試合が加入月は無料で見れることを考える大したデメリットに私は感じません。

\加入月は無料でプロ野球を全試合みる/
「プロ野球セット」公式ページ

J:COM(ジェイコム)でプロ野球中継を全試合見るメリット

 

次はJ:COM(ジェイコム)でプロ野球を見る場合のメリットとデメリットを紹介していきます。

  • 観戦チケットやグッズが毎月抽選であたる
  • 裏番組が充実している
  • 暴風雨などの天候不良のときでも映像が安定
  • 設置工事などはすべて担当者が行ってくれる

この4つになります。こちらも1個ずつ紹介をしていきますね!

J:COM(ジェイコム)のメリット1【観戦チケットやグッズが毎月抽選申し込みできる】

J:COM(ジェイコム)でプロ野球中継を見ている方は球団別になりますが

  • 観戦チケットのプレゼント
  • 野球教室への参加
  • サイン入りグッズのプレゼント
  • 始球式への参加

といった様々なプレゼントや特典が付いてきます。

J:COM(ジェイコム)が協賛となっている試合はシーズン中多くありますのでお得ですね!

J:COM(ジェイコム)のメリット2【裏番組が充実している】

J:COM(ジェイコム)のプロ野球中継サービスでは全球団のチャンネルだけでなく、「J:COMチャンネル」という独自のチャンネルがあります。

  • LTV~ライオンズ徹底応援宣言!~
  • NEXT!犬鷲魂 ~We Love 楽天イーグルス~
  • 今日から!ベイスターズ

といった球団に密着をした番組を放送してくれています。

見れる地域と見れない地域がある

J:COM(ジェイコム)のメリット3【暴風雨のときも映像が安定】

J:COM(ジェイコム)はスカパー!と違ってアンテナを使って放送を受信するのではなくケーブル線を使って放送見ます。

そのため暴風雨といった天候不良のときも映像が乱れることなくプロ野球中継をみることができます。

アンテナの経年劣化などを気にすることがない

J:COM(ジェイコム)のメリット4【設置は担当者がやってくれる】

J:COM(ジェイコム)の設置作業はすべて担当者が行ってくれますので利用者は特になにもする必要がありません。

申し込みから最短4日で設置工事を行ってくれます。

J:COMのメリット
  • 観戦チケットやグッズが毎月抽選であたる
  • 球団の密着番組がある
  • 天候不良のときでも映像が安定
  • 設置工事などはすべておまかせ
J:COMのデメリット
  • 設置工事まで4日掛かる
  • スマホやタブレットで見るには別途サービスに契約が必要

山沿いや天候不良が起きやすい地域の場合はJ:COM(ジェイコム)で契約をすると安定した映像でプロ野球を見ることができるが最大のメリットだと私は思います。

\J:COM(ジェイコム)でプロ野球中継を見る/
「J:COM(ジェイコム)」公式ページ

【結論】プロ野球の全試合中継を見る方法を条件別で分けてみた

上記では「プロ野球セット」「J:COM(ジェイコム)」のついて紹介をしました。

プロ野球を全試合の中継を見たい人
プロ野球を全試合の中継を見たい人
どっちのサービスに契約をした方が良いのかな?

と悩む方もいますので条件別にまとめてみました。

天候不良などが少ない地域

スカパー!プロ野球セット

天候不良などが多い地域

J:COM(ジェイコム)

テレビの争奪戦が多い家庭

スカパー!プロ野球セット

スカパー!プロ野球セットは契約をするだけでアプリ版を無料で利用できるので「テレビの争奪戦が多い家庭でもプロ野球中継をみたい」という人におすすめとなります。

【球団別】プロ野球の全試合中継をテレビやスマホで見る方法をまとめた

 

ここからはプロ野球の12球団別で全試合の中継をテレビやスマホで見る方法をまとめて紹介をしていきます。

ここを見ておけば応援している球団がなんの中継サービスに対応しているのかパッとわかるようになっています。

プロ野球でベイスターズの全試合見る方法は?

プロ野球セット 全試合
J:COM(ジェイコム) 全試合
DAZN 広島・ヤクルトの主催試合以外
Paravi(パラビ) 主催試合全て
ニコニコ生放送 主催試合全て

プロ野球でジャイアンツの全試合見る方法は?

プロ野球セット 全試合
J:COM(ジェイコム) 全試合
DAZN 広島・ヤクルトの主催試合以外
Hulu 主催試合全て
ジャイアンツLIVEストリーム 主催試合全て
阪神・DeNAのビジター試合

プロ野球で阪神タイガースの全試合見る方法は?

プロ野球セット 全試合
J:COM(ジェイコム) 全試合
DAZN 広島・ヤクルトの主催試合以外
虎テレ 主催試合全て

プロ野球で広島カープの全試合見る方法は?

プロ野球セット 全試合
J:COM(ジェイコム) 全試合
DAZN ヤクルトと広島の主催試合以外
Jスポーツオンデマンド 主催試合全て

プロ野球で中日ドラゴンズの全試合見る方法は?

プロ野球セット 全試合
J:COM(ジェイコム) 全試合
DAZN ヤクルトと広島の主催試合以外
Jスポーツオンデマンド 主催試合全て

プロ野球でヤクルトスワローズの全試合見る方法は?

プロ野球セット 全試合
J:COM(ジェイコム) 全試合
DAZN ヤクルトと広島の主催試合以外
FOD(フジテレビオンデマンド) 主催試合全て

プロ野球でソフトバンクホークスの全試合見る方法は?

プロ野球セット 全試合
J:COM(ジェイコム) 全試合
DAZN ヤクルトと広島の主催試合以外
パリーグTV 全試合
パリーグLIVE 全試合
Rakuten パ・リーグSpecial 全試合

プロ野球で埼玉西武ライオンズの全試合見る方法は?

プロ野球セット 全試合
J:COM(ジェイコム) 全試合
DAZN ヤクルトと広島の主催試合以外
パリーグTV 全試合
パリーグLIVE 全試合
Rakuten パ・リーグSpecial 全試合

プロ野球で楽天イーグルスの全試合見る方法は?

プロ野球セット 全試合
J:COM(ジェイコム) 全試合
DAZN ヤクルトと広島の主催試合以外
パリーグTV 全試合
パリーグLIVE 全試合
Rakuten パ・リーグSpecial 全試合
Jスポーツオンデマンド 主催試合のみ

プロ野球で千葉ロッテマリーンズの全試合見る方法は?

プロ野球セット 全試合
J:COM(ジェイコム) 全試合
DAZN ヤクルトと広島の主催試合以外
パリーグTV 全試合
パリーグLIVE 全試合
Rakuten パ・リーグSpecial 全試合

プロ野球で日ハムの全試合見る方法は?

プロ野球セット 全試合
J:COM(ジェイコム) 全試合
DAZN ヤクルトと広島の主催試合以外
パリーグTV 全試合
パリーグLIVE 全試合
Rakuten パ・リーグSpecial 全試合
GAORAオンデマンド 主催試合のみ

プロ野球でオリックスの全試合見る方法は?

プロ野球セット 全試合
J:COM(ジェイコム) 全試合
DAZN ヤクルトと広島の主催試合以外
パリーグTV 全試合
パリーグLIVE 全試合
Rakuten パ・リーグSpecial 全試合
Jスポーツオンデマンド 主催試合のみ

プロ野球の全試合をスマホで見る方法ってないの?

プロ野球の全試合をスマホだけの見る方法はあります。

  • DAZN
  • Jスポーツオンデマンド
  • FOD(フジテレビオンデマンド)

この3つのサービスを合わせて契約をすればプロ野球の全試合をスマホだけで見ることができます。

利用料金が高くなってしまう

といったデメリットがありますのでプロ野球セットに契約をするとテレビだけでなくスマホでもプロ野球を全試合見ることができますので、複数のサービスに契約をするのが面倒という方はそちらがおすすめです。

プロ野球をテレビで全試合を見るのはもう無理?

条件にもよりますが「地上波放送」「BS放送」のみでプロ野球をテレビで全試合見ることは無理です。

地上波での放送の場合は「巨人の開幕戦」「伝統の1戦」といった試合を多く放送をしていましたが視聴率も少なくなり放送回数が減ってしまいました。

  • オールスターゲーム
  • クライマックスシリーズ
  • 日本シリーズ

といった試合はテレビ朝日系列やTBS系列の放送局で中継をしてくれます。

BS放送でプロ野球中継を見る場合
  • BS-NHK⇒シーズン数十試合
  • BS-日テレ⇒巨人の主催試合すべて
  • BS-TBS⇒DeNAの主催試合多め
  • BS-12(トゥエルビ)⇒パリーグの試合多め

とBS放送ではやや多めにプロ野球中継をしてくれます。

ですが、ですがすべての試合を地上波やBS放送では行ってくれないのでCS放送に契約がする必要がありますね。

プロ野球の全試合の中継を見る方法:まとめ

ここまでいろいろなプロ野球の全試合の中継を見る方法紹介してきましたがまとめるとこんな感じです!

  • スカパー!プロ野球セット⇒天候不良が少ない地域で加入月は無料でみることができる
  • J:COM(ジェイコム)⇒天候不良が多い地域でも映像が乱れることがなく安定してプロ野球中継が全試合見れる
  • DAZN+他のサービスと併用⇒ネットやスマホでプロ野球中継を全試合見たい人におすすめ

\プロ野球セットの公式サイトはここ/
「プロ野球セット」公式ページ

\J:COM(ジェイコム)の公式サイトはここ/
「J:COM(ジェイコム)」公式ページ